見るだけじゃない!!サイネージの次世代ソリューション!!

活用事例

無人接客(KIOSK)

  • 1
  • ショールームで

プロモーションツールに

ショールームや店舗で、動画やスライドショーを組み合わせて商品とともに情報を発信することで、お客様への興味を引き出し、接客待ち待機時間を有効に活用できます。

さらに、サイネージの画面を触るだけで、お客様が自由に商品の情報を閲覧することができ、欲しい情報はスマホやタブレットにダウンロードして持ち帰ることができます。

持ち帰った情報を自宅や移動時間に閲覧することができるので購買意思決定も早まります。

  • 2
  • ブックストアで

新刊情報やランキング情報の提供に

定期的に更新される新刊情報、おすすめ情報やランキング情報など、さまざまな情報をタブレットに自動で配信して再生するのでタイムリーにお客様に情報を提供できます。

さらにお客様がタブレットを操作してより詳しい情報を閲覧したり、手持ちのスマホやタブレットにダンロードして情報を持ち帰ることが可能です。

持ち帰った情報を自宅や移動時間に閲覧した情報は自動で取集され、ユーザがどんな商品に興味を持っているのかを利用状況を正確に把握し販売活動に役立てます。

訴求効果が大きいうえに、大幅に購入率が向上します。

  • 3
  • 百貨店、スーパーで

オススメ商品の訴求に

百貨店、スーパーなどで、商品とともにサイネージを設置して、アピールしたい商品の情報を発信することで、お客様への興味を引き出します。

さらに、サイネージの画面を触るだけで、お客様が自由に商品の情報を閲覧することができ、欲しい情報はスマホやタブレットにダウンロードして持ち帰ることができます。

 ユーザがどんな商品に興味を持っているのかを利用状況を正確に把握し販売活動に役立てます。

訴求効果が大きいうえに、大幅に購入率が向上します。

対面接客補助ツール

  • 4
  • 旅行代理店で

ツアー情報PRと接客効率化に

パンフレットコナーでは、電子パンフレットとして。

パンフレットだけでは語れないツアーの魅力なども動画を交えたコンテンツならば、よりリアルに魅力を伝えられ欲しいツアー情報は手持ちのスマホやタブレットで持ち帰ることができます。

カウンターでは、インタラクティブモードで使用してツアーカタログとして接客に活用できます。

デジタルならではの情報を盛り込めば、お客様との接客時間も大幅に短縮することができます。

全ての利用状況は、正確に把握することができるので、お客様がどんな商品に興味を持っているかを集計することで、オススメ商品などを絞り込むことができます。

お客様の意思決定を早め、大幅に成約率が向上します。

  • 5
  • イベント、キャンペーンで

イベントやキャンページなどの商品PRと接客効率化に

店頭キャンペーンやイベントなど、臨時的な販促活動で商品PRや接客ツールとして。

タブレットさえあれば、どこでもいつでも販促活動が可能です。例えば、店頭キャンペーンや販促イベントなど、可搬性の高いタブレットなら、場所を選ばすどこでも販促活動に活用頂けます。

大型テレビやモニタがあれば、簡単にサイネージとして、タブレットは接客ツールとしての利用が可能です。

お客様がどんな商品に興味を持っているかを集計することで、人気商品を絞り込むことができます。

案内業務支援ツール実証テスト