新入社員奮闘記 #008「エンジニア研修2ヶ月の成長」

こんにちは!今井です。
今回は、2ヶ月間研修を受けた感想と、自分の成長について話していきたいと思います。
この話を通して、「入社2ヶ月で、未経験からどのようなことが出来るようになるのか」というイメージ作りになれば良いと思います。

2ヶ月で学んだこと

2ヶ月間の研修では「Java」「オブジェクト指向」「JSP」「SQL」「HTML5」「CSS3」の6つについて学びました。

大まかな流れ

一番力を入れて学ぶのはJavaであり、if文やメソッドなどを1ヶ月程度かけて学びました。

プログラミング研修

その後、
・オブジェクト指向の概念を学び、
・データベースを使ったプログラミングを行い、
・Javaを使ったWebサイトの製作を行います。

聞きなれない単語があって「私にできるのかな?」と思うかもしれませんが、安心してください!

研修の教科書はめちゃくちゃ分かりやすいし、講師の方に質問し放題なので必ず乗り越えられます!!
正直つらい部分もありましたが、この2ヶ月間で基本的なことがわかり、応用的なことも調べればわかる程度の実力がついたと思います。

補足

研修のイメージがつきやすい様に、出来るようになることを箇条書きでまとめました。
・Javaを使ったプログラミング
・オブジェクト指向を取り入れたプログラムの構成の考え方
・簡単なゲーム(トランプゲーム)
・データベースの操作
・ホームページ製作
・アンドロイドアプリ(研修では行いませんが自作する力はついていると思います。)

研修で覚悟しなければならないこと

研修では多くのことを学べますが、それに伴って、研修を受ける際に覚悟しなければならないことが2つあると感じました。

正直、休むヒマがない!

1つめは、日程がカツカツであるため、休む暇なく努力しなければならない点です。
どのくらい努力が必要かというと、学生時代のテスト期間が3ヶ月続くイメージです。
辛いですが出来ないことはないレベルですね……。

誰も助けてはくれない!

2つめは、自分から助けを求めないと誰も助けてくれないということです。
研修は、用意されているカリキュラムを自分で進める形で行われます。そのため、分からないことがあっても、講師に質問しない限り誰にも教えてもらえません。
分からないことは3~4時間かかっても分からないことがあるので、自主的に行動しなければ、時間に追われて辛い状況になってしまいます。

覚悟をしていれば頑張れる!

プログラミングは確実に出来るようになりますが、それに伴う努力が必要です。これらの覚悟が出来ていないと入社してから辛いと思うので、将来こちらの道に進みたいと思っている方は覚えておいてほしいです。

研修の良いところ

この研修の最もいいところは、質問し放題であり、質問したらすぐに講師の方がZoom上で説明してくれることです!

未経験者でも確実に身につく課程

質問するたびに、講師の方はこちらが理解できるまで解説してくれます。私がオブジェクト指向のポリモーフィズムについて質問した時は、10分かけて熱弁してくれました!

その他にも、実力にあったアプリ開発を行いながら学習を進めるため、自分の成長を実感しながら確実にプログラミングを学べます

Zoom講義

未経験からプログラミングを学ぶにはとても良いカリキュラムだと思います!

まとめ

今回は2ヶ月間研修を受けての学びと、感じたことを話しました。
学ぶ量が多くつらい時もありますが、一歩一歩前に進んでいきたいと思います。
研修は3ヶ月あり、残りの1ヶ月はアプリ開発演習になります。
初めてのチーム開発で大変だと思いますが残り1ヶ月頑張っていきたいと思います!

先輩からひとこと

「テスト期間が3ヶ月続く」と読んだ途端に私は震え上がりました。それを乗り越えられたら、たぶんどんな仕事が来ても大丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました